真面目に生きようとしなくていいんです

backflip-345027_1920

夜心です。

今日のテーマは『真面目』についてです。

真面目といえば日本人の気質で美徳として語られてますね。

ここを読んでくれている、あなたもきっと真面目に生きてきたかもしれません。

私達は子供の頃から真面目が兎に角良い事だと教わってきました。

そして不真面目は悪い事だと、ちょっと真面目から道を外せば直ぐに矯正されてしまいます。

この教育によって、潜在意識に真面目が良い事で不真面目が悪い事と刷り込まれてしまい、
少しでも真面目から道を外すだけで、不安や罪悪感を感じるようになるのです。

その結果、日本人は真面目で勤勉な気質となりましたが、
逆に自分を押し殺す事となり、心を壊す人が多くなりました。

もし真面目が『自分を押し殺して生きる事』とするならば、
その逆の不真面目とは『自分に正直に生きる事』

今まで真面目に必死で頑張ってきたあなたは、

『どうしてこんなにも報われないんだろう。』

『どうして真面目に見えないあの人は報われているのだろう。』

と思っているかもしれません。

それはあなたが自分に正直に生きていないからそう感じてしまうのです。

もし、あなたが今まで真面目に生きてきたにも関わらず、報われないと思うのであれば、
今日から『自分に正直に生きる事』を意識してみてください。

真面目を辞めましょう

真面目な人ほど、自分を押し殺して他人の為に尽くそうとしてしまいます。

やりたくない事でも、皆我慢してやっているんだと言い聞かせて頑張るのです。

『私が我慢すれば・・・』

『私が頑張れば・・・』

『私が悪いんです・・・』

あなたもこうして我慢に我慢を重ねてしまっていませんか?

あなたも今までこうして真面目に、生きて来たのだと思います。

自分のことを二の次にして、他人の為に生きてきたのかもしれません。

だからこそ、いっぱい辛い思いもしてきた事でしょう。

あなたは真面目だからこそ、結果が出なければ自分には価値がないと思ってしまいます。

あなたは真面目だからこそ、感情を押し殺して頑張ってしまいます。

あなたは真面目だからこそ、他の人が結果を出すと『なんであいつが』と許せなくなります。

あなたは真面目だからこそ、他人と自分を比べてしまいます。

あなたは真面目だからこそ、自分がどう思われているのか気になります。

あなたは真面目だからこそ、あれもこれも全部自分が頑張ろうとしてしまいます。

あなたは真面目だからこそ、他人を気にして、自分の人生に目を向けられなくなります。

あなたはこうしてどんどん自分を追い詰めていっていませんか?

真面目に生きるというのは非常に窮屈なものです。心に余裕がありません。

今の現状を何とかしたいと思うのであれば、真面目を辞めてしまいましょう。

自分に正直に生きる

真面目を辞める為に必要な事、それは自分に正直に生きる事。

やりたくない事ははっきり嫌だと言ってしまえばいい。

泣きたい時には泣けばいい、怒りたい時には怒ればいい、
笑いたい時には思いっきり笑えばいい。

辛いなら誰かに助けを求めればいい。

疲れたと思うならゆっくり休んでしまえばいい。

自分の人生、進む道は自分で決めてしまえばいい。

これらは、今まで真面目に生きてきたあなたには全く逆の行動をする事だと思います。

自分に正直に生きる為には今まで信じてきた道から外れなければなりません。

道を外れる事は今までのあなたの価値観が及ばない為、不安に思うことでしょう。

しかし、道を外れる事によって今までとは全く別の世界が見えるようになります。

道を外れる事で、今まで敵だと思っていた人が助けてくれるかもしれません。

道を外したその先に、待っていてくれていた人がいるかもしれません。

実は自分はもう報われていたんだと気付けるかもしれません。

そんなに頑張らなくても良かったんだなと気付けるかもしれません。

もしも、あなたが現状に満足出来ず、何とかしたと思っているのであれば、
何かしらの行動が必要です。

その行動の第一歩として真面目を辞めて、
自分に正直に生きる事を試してみてはいかがでしょうか?

ではまた次回

夜心でした。

>>コンテンツ一覧

ブログランキング参加しています

為になった、面白いと思ったらクリックしてもらえると泣いて喜びます。
↓↓↓
 にほんブログ村 メンタルヘルスブログ メンヘル 自分と向き合うへ

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ