プロフィール

【HN】夜心(やごころ)

【年齢】28歳

【性格】穏やか。殆ど怒らない。

【活動地】愛知県

【出身地】富山県

【趣味】ゲーム、バイク、ボウリング、読書、書道

【音楽】ZABADAK、KOKIA、猫叉Master、BAMP OF CHICKEN、石野田奈津代

初めまして、夜心と申します。

僕はコンビニ店長を3年ほどやっておりましたが、
今では辞めてこのブログを書きながら、
日々心について勉強をしています。

そんな僕は今まで色々な人から相談を受けた事があり、
色々な愚痴や、悩みを聞いたりとしていました。

そうして僕に話を聞いてもらうことで楽になった、
スッキリしたと言って貰う事が多かったのです。

そこで、話を聞いているうちに相談をしにきてくれる人達には、
ある共通点があることに気がついたのです。

それが『自分が嫌い』『自分に自信がない』と言う事でした。

これは僕が相談受けてきた人ほぼ全て当てはまります。

そういった自分嫌いの人の話を聞いているうちに、
そういえば僕は自分のこと嫌いではないな、
いや、どちらかと言えば好きだなと言う事に気がつきました。

そのせいか傍目から見ると僕は、ふわふわのほほんと、いつも笑っていて、

あまり怒ることもせず、話しやすそうな雰囲気が出ていたのかもしれません。

最初からそうだったのかと言われれば、決してそんな事はなく、
中学生の頃は自分の事が大嫌いでした。

それが今では自分嫌いを克服して、心穏やかに毎日をのびのびと生きています。

自分で言うのもおかしな話ですが、運も不思議と良い方だと思います。

  • 『自分嫌い』を克服できれば人は心穏やかに生きていけるのでは?
  • 『自分嫌い』を克服できれば幸運を引き寄せる事が出来るのでは?
  • 『自分嫌い』を直すための知識を広める事が出来れば人を幸せに出来るのでは?

そう思ってこのブログを始めました。

このブログを読んで一人でも多くの人を幸せに出来たらなと心から思っています。

自分嫌いだった過去

ここからは少し自分語りが始まりますので、もし宜しかったら読んでみてください。

そんなの興味ない、読みたくないと思うのであれば読み飛ばしてください。

僕は一人っ子として生まれ、中学に入るまでは一人っ子らしく
ワガママに育っていたと思います。

自分の気に入らない事があれば癇癪起こして、暴れまわったりしていました。

小さい頃過ぎて全く記憶に残っていませんが、従兄に向かって
包丁を投げた事もあるらしいです。(自分の事ながら恐ろしい・・・。)

保育園の頃は駄々をこね、父親の腕を思いっきり引っ張って、
肩を脱臼した事もありました。(阿呆です。)

そんな感じで中学に入るまでは兎に角ワガママに生活をしていたかなと言う記憶があります。

中学に入ってからは小学校の時に比べれば落ち着いていたかと思います。

中学校2年生になった頃にパソコンを買ってもらい、
そこからは毎日帰ってはネット漬けの生活をしていました。

今思うと非常に恥ずかしいのですが、とあるゲームのリレー小説にはまり、
掲示板などで小説を書いてた頃もあります。
(腕に関してはお察しください・・・。)

そういった感じで結構自由にワガママ生活していたわけですが、
思春期に入った自分にある時ふと不安がよぎりました。

  • 『今まで色々悪戯したり、暴れたり、悪い事もしてしまった。
    このままでは死んだとき地獄に落ちるんじゃないだろうか。』
  • 『勉強が全く出来ないわけじゃないけど良い訳でもない、
    小説も他の人みたいに全然上手く書けない。部活も柔道をやっているけど全然強くない。』
  • 『クラスで人気者でもない、どちらかと言えば悪目立ちをしている。
    反応を見てると大半の女子からも恐らく嫌われていると思う。先生からも特に認められていないと思う。』
  • 『見た目も特に格好良いわけではないし、良くて中の下ぐらい?まぁ人から好かれるわけないよね・・・。』
  • 『僕は全てが中途半端だ、何かしらに特化出来てる他の人が羨ましい。』

と思うようになり、更に小説を書いていた掲示板に
『僕は全てが中途半端だ、こんな自分が嫌いだ』
と言うようなポエムを投稿しました。(我ながら実に恥ずかしい・・・。)

その詩には『そんな事ないよ!』『元気を出して!』と

コメントを貰い満足をしていたのを覚えています。

それほどまでに、中途半端な自分が嫌いで誰かに認めて貰いたかった時期があります。

中途半端な自分が嫌いで、どうにかしようと頑張ってみましたがどうも上手くいきません。

上手くいかない事でまた更に自分が嫌いになり、頑張りが足らないのだと更に頑張るのですが、
やっぱり上手くいかず更に自分が嫌いになる。

そんな悪循環に嵌ってしまい、中学生時代は自分嫌いな毎日を過ごしてきました。

自分嫌いは誰でも必ず治せる

今の僕は中学校時代と特に根本は変わっていません。

何かに特化したことは出来ず、何事も中途半端なままです。

それでも、僕は自分嫌いを克服し、自分を受け入れる事が出来るようになりました。

そのおかげで、それなりに幸せな毎日過ごすことが出来ています。

僕は子供の頃に大いに悩み苦しみ生きてきた、何処にでもいる普通の人です。

もしあなたが今

『自分が嫌い』
『自分に自信がない』

と思っていてもそれは、必ず克服できます。

あなたもこのブログを読んで是非とも『自分嫌い』『自分に自信がない』を克服し、
楽しく幸せな人生を送れるようになって貰えたらなと思います。

夜心。

サブコンテンツ

このページの先頭へ