『成長しよう。』と思って苦しんでいませんか?

bsPP_hatakenonae

夜心です。

今日のテーマは『成長』についてです。

私達は今までの人生の中で、学校生活や仕事、
様々な人間関係を通じて、どんどん成長してきました。

『成長する』と言う事は『向上心』があると言う事で
世間一般では良しとされています。

僕も少し前までは『一緒に成長していきましょう。』
と周りに言って、人を成長させようと促していました。

しかしその『成長しよう』『成長しなければいけない』
という考え方は度々、私達に挫折や窮屈さを与えてきます。

実際僕も人生の中で『成長しよう』と考えて上手くいかず、
何度か心が折れるような挫折を味わいました。

最近では考えが少し変わってきて、
人生において『成長』自体は必要なものだけれど、
『成長しよう』と考えると言う事は、
不要なものじゃないかと思うようになりました。

今日はあなたが『成長』するために『成長しようとしない事』
について話をしていきたいと思います。

成長しようと言う気持ちが成長を止める

『成長しよう』とする心は一見向上心があり、
前向きな考え方に見えます。

しかし、『成長しよう』と考えると言う事は、
『成長しなければいけない』と思い込む事。

思った通りに成長出来なかったり、
なかなか成長出来なければ、
そのギャップに苦しむ事になります。

その結果、成長出来ない自分にイライラしたり、
『どうせ自分なんて・・・』と自己嫌悪に陥り、
その場で成長が止まってしまうのです。

もし、現在の自分の状態が満足出来なくて、
成長したいと思うのであれば、

『成長しなければいけない』

ではなく、

『成長しなくてもいい』

『成長出来なくてもいい』

と思って下さい。

『え、成長しなくていいの?』

と、思うかもしれませんが人は成長しようとしなくても、
勝手に成長していくものです。

次の章ではその事について説明をしたいと思います。

成長のコツは『見守る』

『成長しなければいけない』

この考えに縛られ、思ったように成長出来なくて、
心が折れてしまった人も大勢いることでしょう。

『こんなに辛いなら成長なんてしたくない。』

『私には向上心が無いから成長なんてもう無理。』

と、成長を諦めてしまった人もいると思います。

こうして、成長を諦めてしまった人に対して

『一緒に成長しましょう。』

と言っても効果はありません。

『成長したくない。』と言っているのに、
『成長しましょう。』と言うのは相手からすれば、

『この人は私の気持ちを分かってくれない。』

と言う事になるからです。

それは自分自身にも同じです。

『成長したくない。』

と心の底で思っているのに

『成長しなきゃ。』

とは思えません。

仮に思えたとしても、

『成長したくない。』

と言う気持ちが残ったままなので、
成長にブレーキをかけます。

ではどうすれば良いのか。

それは、ただ何もせず『見守る』事です。

『成長しなさい。』

『成長しなきゃいけない。』

そんな風に成長を促さなくて良いのです。

ただじっと、見守る。

なかなか成長出来なくても、見守る。

何があろうと、手を出さず、見守る。

ただ、傍にいるだけで、見守る。

自分自身の場合も同じです。

『成長出来たとしても出来なかったとしてもいい』
と思いつつ、自分を見守る。

何があろうとも、手を出さず、見守る。

自分の心に寄り添いながら、
何とかしようとせず、見守る。

人は『成長したくない』と思っていても勝手に成長するのです。

例えば何もする気が起きなくなってしまい、
学校や仕事を辞めて引きこもってしまったとしても、
それだけであなたは成長していきます。

何故なら、引き篭もる、ニートになる、
それだけでも引き篭もってしまう人の、
気持ちが分かる人間になれるのです。

そしてそこで、自分の心と向き合い、考える事で、
本人にその気がなくても勝手に成長していきます。

折角成長している最中なのに、
周りがこのままでは危険だと、
『あぁしなさい、こうしなさい』
と、足を突っ込むから余計こじれて成長が止まるのです。

だから、ただ傍に寄り添って『見守る』だけで充分。

それだけで人は『勝手に』成長していきます。

成長しようとしなくてもいい

『見守る』と言うのは言い換えれば『信じる』と言う事です。

それは、自分自身を『信じる』と言う事。

成長しようとするのではなく、成長しようとしなくても、
自分は勝手に成長出来ると『信じる』と言う事。

それは自分自身を『認める』と言う事にも繋がります。

自身を『認める』と言う事は自分に自信を持つ事。

あなたは、成長しなくても充分、素晴らしい人間です。

ただ、もっと成長は出来るよ。

ただ、そういう話なのです。

成長するために『成長しなくてもいい』と思う事。

そして、自身の成長をただひたすら『見守る』

以上の2つを実践していって下さいね。

ではまた次回。

夜心でした。

>>コンテンツ一覧

ブログランキング参加しています

為になった、面白いと思ったらクリックしてもらえると泣いて喜びます。
↓↓↓
 にほんブログ村 メンタルヘルスブログ メンヘル 自分と向き合うへ

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ