人に迷惑をかけてはいけないの落とし穴

couple-955930_1280

夜心です。

今日のテーマは『人に迷惑をかける事』についてです。

あなたは今まで多くのことを抱えこんで生きてきたかもしれません。

『これは私のやるべき事だから自分でやらなきゃ。』

『大失敗して、周りに凄く迷惑をかけてしまった、死にたい。』

『手伝って貰いたいけど、迷惑になりそうで頼れない・・・。』

『こんな事頼んだら嫌われちゃうんじゃ・・・。』

このように人に迷惑をかけてはいけないと思って、辛い思いをしたことはありませんか?

辛いのは当然です。だって、頼ってないんですから。

あなたが人を頼らないから、あなたは色々なものを抱え込みます。

あなたが人を頼らないから、誰も手伝ってくれません。

あなたが人を頼らないから、誰もあなたを頼ってくれないのです。

もしも今の現状が、辛い、苦しい、抜け出したいと思うのであれば、
今日からは『迷惑をかけてもいい』と思うようにしてください。

迷惑をかけてはいけない?

私達は、子供のころから、家庭や学校で、

『人に迷惑をかけてはいけない。』

と教育を受けて育って来ました。

ほぼ100%の人が、人に迷惑をかけるのは悪い事だと、
最早刷り込みレベルです。

この考え方は日本人の美徳ではあるのですが、
逆に、しばしば私達を精神的に追い込んできたり、
人間関係を悪化させたりするのです。

『迷惑をかけてはいけない。』

と思うから、迷惑をかけてしまった時に大きく落ち込んでしまいます。

『迷惑をかけることは悪い事だ。』

と思うから、迷惑をかけられた時に『迷惑かけやがって。』
と、イライラしてしまいます。

自分は周りに迷惑をかけないように注意しているのに、
周りはどんどん迷惑をかけてくると思って許せなくなるのです。

人間生きている限り周りに迷惑をかけずに生きるというのは、どう頑張っても不可能なのに、
『迷惑をかけてはいけない』と思うからどんどん辛くなってしまうのです。

それよりも『迷惑をかけてもいい』と考えてみてはいかがでしょうか?

そのする事によってあなたは、迷惑をかけられても自分も迷惑をかけているのだから、
お互い様だよねと、受け入れる事が出来ます。

『迷惑をかけてはいけない』というのは

『あなたには迷惑かけないから、私にも迷惑かけないでね。』

という事。

『迷惑をかけてもいい』というのは

『迷惑かけるかもしれないけど、宜しくね。
その代わり私にも迷惑をかけても良いからね。お互い様だよ。』

という事。

どちらが人間関係が上手くいくかはすぐに分かると思います。

お互いが迷惑を掛け合わないようにと、距離を置くよりは、
お互いが迷惑を掛け合って、お互い様と思えるようになった方が、
ずっと良い関係を作ることが出来ることでしょう。

頼られると喜ぶ人達

世の中には人に頼って貰いたくてウズウズしている人が大勢居いるのです。

自分の知識、経験を披露したくて仕方がありません。

そういった人達はあなたから頼られるとこう言います。

『えー?こっちも忙しいんだけどなぁ、しょうがないなぁ!(顔は笑ってる)』

『よっしゃぁ!任せとき!』

『良いよー何でも聞いてー!』

頼ることで喜んで貰えるのです。

逆に頼らなかった場合、後で知ったその人達は

『聞いてくれれば良かったのに・・・。』

『自分に聞いて欲しかったなぁ・・・。』

と悲しみます。

意地になって全部自分一人で解決しようとする方が、人を悲しませてしまうのです。

だったら、存分に人に頼って喜んで貰えば良いと思いませんか?

頼られたくない人も少なからず存在する

勿論頼られたくない人も世の中には居ます。

あなたがそういった人達に頼ろうとすれば、

『自分でやれよ!』

と嫌がられる事もあると思います。

しかし、断られたからといって

『やっぱり人に頼むのは迷惑なんだ。』

『やっぱり自分でやらなきゃ。』

とは決して思わないでください。

人からの頼みを断る人というのはたまたま機嫌が悪かっただとか、
人と関わるのが嫌いな人だとかで、その人に問題があるだけで、
あなたに問題があるわけではありません。

もし頼みを断られたら『ごめんなさい。』と一言謝って他を探せば良いのです。

1人に断られたからとやっぱり自分でやらなきゃとは思わないでくださいね。

『手伝ってあげようか?』を素直に受け取ること

色々な物事を抱え過ぎてて大変そうなあなたは、

『大変そうだね、手伝おうか?』

と、申し出て貰った事はありませんか?

しかしあなたは、その申し出に迷惑かけまいと

『いえ、結構です!私の仕事なんで!』

って拒否をしていませんか?

あなたがこう拒否してしまうと相手は、
また拒否されるのではと、次回から声をかけられなくなります。

また、折角あなたを助けたいと思って申し出たのに、

『信用されてないんだなぁ。』

と、落ち込んでしまうかもしれません。

そこで、もし『手伝おうか?』と言われた場合は、

遠慮なく『ありがとう、じゃあ宜しく!』と言って素直に受け入れてしまいましょう。

そうすればあなたを助けてあげたかった相手は喜んで引き受けてくれます。

人にお願いする、頼るという事は人を『信用する』という事。

逆に全部自分でやろうとするというのは人を『信用しない』という事。

あなたが、信用して周りに頼れば、あなたの抱えていたものは
次第に減って楽になりますし、周りがどんどん成長していきます。

逆に信用出来ないといって、頼らなければ、
あなたがどんどん色々なものを抱え込むばかりでなく、
周りの成長の機会を奪う事になってしまうのです。

まとめ

ちょっと長くなってしまったのでまとめます。

『迷惑をかけてはいけない』

と思うのは、相手の迷惑も許せない、相手を悲しませる、相手を信用しないと言う事。

『迷惑をかけてもいい』

というのは、相手の迷惑も受け入れる、相手を喜ばせる、相手を信用すると言う事。

人に迷惑をかける方が実は良い事尽くしです。

今まであなたは『迷惑をかけてはいけない』と思っていたかもしれません。

しかし、今日からは『迷惑をかけてもいい』と思って生活を始めてみてください。

きっと、あなたの周りで良い事が起き始めることでしょう。

では、また次回。

夜心でした。

>>コンテンツ一覧

ブログランキング参加しています

為になった、面白いと思ったらクリックしてもらえると泣いて喜びます。
↓↓↓
 にほんブログ村 メンタルヘルスブログ メンヘル 自分と向き合うへ

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ