どうにもならない事で悩んでいませんか?

photo-1428263197823-ce6a8620d1e1

夜心です。

世の中には色々な悩みがあります。

ここを読んでくれているあなたも色々な悩みを抱えていると思います。

  • 『身長が低くてからかわれて嫌だ。』
  • 『学歴がコンプレックスになってしまって上手くいかない。』
  • 『子供の頃にいじめを受けていて自信がない。』
  • 『親が毒親で困っている。今でも口を出されて嫌になる。』
  • 『体力がどんどん落ちてきて年を取るのが怖い。』
  • 『将来、病気にならないかと不安で不安で仕方がない。』

等々、あなたは日々悩んでいるのかもしれません。

こういった、過去の記憶からの不安、未来への不安はいっぱいあると思います。

しかし、こういった悩みを抱えているのであれば、
今日から悩む事を辞めてしまいましょう。

世の中、考えたってしょうがない事は多い。

先ほどの例をいくつか上げてみましたが、よく考えてみてください。

これらの悩み、実は考えたってどうにもならない悩みではないでしょうか?

身長や顔やスタイル等基本的にはあなたにはどうしようもないものではないでしょうか?
(最悪お金で何とか出来るかもですが・・・。)

学歴や子供の頃に受けたいじめも、もう過ぎてしまったことではないですか?

今更、あの時こうしていれば良かった。と悩んでも過去は変えられませんよね?

毒親に悩まされている事そうです。離れる事はできても、親は変えることは出来ません。

年齢的な問題も誰でも年は取るものです。年を取ることは止められません。

病気にしたってそうです。どんなに対策をとっても病気になる事はあります。
逆に不安になりすぎて病気になってしまう可能性だってあります。

この他にも少し考えれば、悩んでもどうにもならない事は世の中にいっぱいあります。

このような、考えてもどうしようもない悩みに縛られているが故に、
あなたはイライラしてしまいます。そして自己嫌悪陥ります。

考えても考えても解決しないのですから、そりゃどんどん気分も落ち込むわけです。

ネガティブ思考に陥る人は大抵、こういった考えても仕方がない事で悩んでしまっています。

なのでもしあなたが何かに悩んでいるのであれば、
『この悩みは悩んで解決する事なのか?』
と自分に問いかけてください。

もし悩んで解決するなら存分に悩んでください。

悩みが解決する事で色々スッキリできますし、自信がつきます。

もし悩んで解決しないのであれば、スッパリ悩むのを辞めましょう。

悩んでも仕方のない事でスッキリするには、
受け入れてしまうか時間が解決してくれるのを待つしかありません。

あなたの人生に与えられている時間は限られているのです。

永遠と悩んでも解決しない事に時間をかけるよりは、
今どう生きるかを考える事に時間をかけましょう。

しかし、僕がどうにもならない事に悩むのを辞めましょうと言っても

『でも、そんなスッパリ悩むのを辞めるなんて出来ないよ!』

と、あなたは思うかもしれません。はい、その通りです。

あなたは悩むのを辞めようと思えば思うほど、悩むのを辞められなくなります。

何故あなたは悩むのを辞められないのでしょうか?

そこでアメリカの心理学者ウェグナーという人が行った実験を紹介したいと思います。

『ウェグナーのシロクマ実験』

ウェグナーは実験を行う為、白熊の映像を50分ほど見せてから、
被験者達を3つのグループに分け、各グループへ次のようにお願いしました。

  • グループ1 白熊の事を覚えていてください。
  • グループ2 白熊の事は考えてもいいし、考えなくても良いです。
  • グループ3 白熊の事は絶対に考えないでください。

その結果1年後に、白熊の映像をしっかりと覚えていたのは、
絶対に考えないでくださいと言われていたグループ3の人たちだったという実験です。

この結果から分かるように、人は考えてはいけないと思えば思うほど記憶に残るものです。

つまり、あなたは悩んではいけないと思えば思うほど悩むのを辞める事ができないのです。

悩むのを辞める為にする事

悩んではいけないと思えば思うほどあなたはその事について考えてしまいます。

ではどうすればいいのか?

ネットで調べると
『飽きるまで考え抜く。』
『兎に角愚痴を口に出したり紙に書いたりする。』
という解決方法が出てきます。

確かにこの方法でも効果があるかなとは思いますが僕としては
『悩んでも良いという選択肢を自分に与える。』
『ありのままの自分を受け入れ、今を生きる。』
という方が効果があるんじゃないかなと思います。

悩むのを辞めろといっているのに、悩んでも良い?
何言ってんだこの人と思ったかもしれませんが、
これもウェグナーの実験を見れば分かりますね。

実験からは、覚えていてくださいと言われたグループ、
考えても考えなくてもどっちでもいいと言われたグループ、
その両方が1年後には忘れていたと言うことが分かります。

つまりはあなた自身にもこの選択をあげれば良いのです。

『悩んでも良いし、悩まなくても良い。』

このように選択肢を与える事で、あなたは悩む事を選ぶ事が出来ます。

考えてはいけないの呪縛から逃れる事が出来るのです。

そうすれば自然と悩むのをやめることが出来るようになっていくことでしょう。

後は時間が解決してくれます。

後もう1つ『ありのままの自分を受け入れる』ということ。

悩んでも仕方のない事にあなたがどんなに悩んだとして、
それは変わる事はありません。

幸せそうなあの人になりたいと思っても、その人になる事は絶対出来ません。

あなたは、今与えられたもので勝負していくしかないのです。

与えられたもので勝負するしかないのであれば、それはもう受け入れてしまいましょう。

これが今の私だと。自信がなくても、どうだ!と胸を張ってしまいましょう。

そうやって、今を精一杯生きる事に集中すれば、過去や未来で悩むことはありません。

もしこれから、どうにもならない悩みが出てきたときは

『悩んでも良いという選択肢を自分に与える。』

『ありのままの自分を受け入れ、今を生きる。』

この2つを是非お試しください。

夜心でした。

>>コンテンツ一覧

ブログランキング参加しています

為になった、面白いと思ったらクリックしてもらえると泣いて喜びます。
↓↓↓
 にほんブログ村 メンタルヘルスブログ メンヘル 自分と向き合うへ

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ