激しい動悸が起こった時なるべく早く治す方法【胸がドキドキ、めまい、息苦しさ】

-shared-img-thumb-OZPA87_kyuunishinzouga20130707_TP_V3

夜心です。

あなたはある時フッと、動悸が激しくなった事はありますか?

僕もたまに激しく動いたわけでもないのに急に胸がドキドキ、

心臓がバクバク、息切れを起こす事があります。

急に動悸が激しくなると、不安に襲われる事でしょう。

特にパニック症状等の精神的な症状を持っていると、

特に強い不安に襲われてしまう事と思います。

そこで今日は、僕も使っている方法で急に動悸が起こった際に、

なるべく早く動悸を抑える方法をお伝えしたいと思います。

ただし、あくまでもその場での動悸を抑える方法ですので、

もし不安ならその後必ず病院に行くようにしてくださいね。

動悸、息切れ、胸のドキドキ、めまいを自己暗示で治める。

このブログでは主に自己暗示を使う事を推奨していますが、

動悸が起こった時にも自己暗示は有効的に使う事が出来ます。

激しい動悸が起こった時、あまりの苦しさにどうしたら良いか分からなくなる事と思います。

もし今まで、ジッと収まるまで待つしかなかったのであれば、

今からお伝えする方法を試してみて下さい。

ただジッと待つより、早く動悸が治まるようになることでしょう。

実際に動悸が起こった時の対処法

  1. 近くに座れそうな場所があるなら深く腰掛けましょう。
    横になれそうな場所があれば仰向けに横になってください。
  2. 目を閉じます。
  3. 数回深呼吸をします。無理をせずなるべく苦しくないように呼吸をしてください。
  4. 胸に手を当て、心臓の鼓動を感じてください。
  5. 心臓の鼓動を感じながら頭の中で次の言葉を繰り返します。
    『呼吸をする毎にだんだん気持ちが落ち着いてきている。』
    『気持ちが落ち着いてくると次第に心臓の鼓動が正常な状態に戻ってきている。』
    『動悸が治まって来るととても気分が楽になっていきます。』
    (もし余裕がなければ『心臓の鼓動が次第に緩やかになってきている。』だけでも良いです。)
  6. 5の言葉を動悸が治まるまで繰り返してください。

行うのは以上です。

こうする事で、自分の体を正常な状態へ誘導してあげる事が出来ます。

解説

人は一度激しい動悸が起こると、命に関わる不安に襲われる為、

『心臓がドキドキする。』

『息苦しい。』

『めまいがする。』

と言う自己暗示に一瞬で捉われてしまいます。

苦しさ故にそれしか考えられなくなります。

動悸が起こっている間はずっとその自己暗示に捉われてしまっているが為に、

その言葉通り、長い時間、動悸がしたり、息苦しさに耐えることになってしまうのです。

そして、

『ちょっと収まってきたかな?』

と思うと、その通りに少しずつ収まって行くのです。

そこで、今回の方法は

『別の自己暗示を入れて、自分の体を正常な状態に誘導してあげよう。』

と言うのが目的になります。

動悸が起こった時は、まずは落ち着く為にも近くに座ったり横になったりする事が大切です。

その後は自分に集中する為に目を閉じ、深呼吸をすることで、自己暗示を入れやすくします。

深呼吸をして準備が出来たら、実際に自己暗示を入れていきます。

自己暗示をかけて行く際は、兎に角

『心臓がバクバクする。』

『息苦しい。』

『めまいがする。』

と言う考えが入ってこないほどに

『気持ちが落ち着いてきている。』

『心臓の鼓動が穏やかになってきている。』

と一心不乱に考える事がコツです。

そうやって一心不乱に頭の中で言葉を繰り返す事が出来ていれば、

実際に心臓の鼓動がゆっくりになっていくのを感じる事が出来ると思います。

心臓の鼓動が緩やかになっていくのを感じることさえ出来れば、

『動悸が治まってきた。』

と自然に正常に戻る自己暗示が入るようになりますので、

更に緩やかになっていくのを感じることが出来るようになります。

後は鼓動が正常な状態に戻るまで、落ち着いて言葉をかけ続けてください。

激しい動悸が起こった時なるべく早く治す方法、まとめ

動悸の抑え方、息切れ、胸のドキドキを早めに治す方法は以上です。

実際に僕が動悸に襲われた時はこの方法を使う事で、

自己暗示を使ってなかった時より早めに動悸を抑える事が出来ています。

とりあえず落ち着いてから頭の中で言葉を繰り返すだけなので、誰にでも出来ると思います。

是非頭の中にこの方法を入れておき、実際に動悸が起こった時は実践してもらえると幸いです。

しかし、最初にも言いましたが、これはあくまでその場での動悸を抑えるだけの

応急処置的な対応方法ですので、動悸が治まったら病院で検査してもらう事をお勧めします。

自己暗示は決して願うだけで叶うと言う魔法のようなモノではありません。

ですが、上手に使う事が出来れば、これほど便利なモノはないと思います。

是非こういった場面等で有効活用していきましょう。

それでは今日はこの辺で

夜心でした。

>>コンテンツ一覧

ブログランキング参加しています

為になった、面白いと思ったらクリックしてもらえると泣いて喜びます。
↓↓↓
 にほんブログ村 メンタルヘルスブログ メンヘル 自分と向き合うへ

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ